トイレつまりを自分で解消するための道具

トピックス一覧へ

トイレつまりを自分で解消するための道具

 トイレのつまりの原因で一番多いのは、トイレットペーパーの流し過ぎによるつまりです。小さな子供がいらっしゃるお宅では、子供が面白がってトイレットペーパーをたくさん引き出し、それを流してしまった時によく起ります。また、トイレットペーパーがなくなり、水に溶けないティシュペーパーを使うのもつまりの原因になります。

 固形物をトイレに誤って流したのが原因のつまりでは、オモチャやボールペン、携帯電話など様々な固形物を落として、うっかり流してしまった場合に起ります。これらが排水部分に引っ掛かり、その後トイレットペーパーがからまって余計につまりますので、固形物を落とした場合は、必ず取り出す必要があります。

 トイレのつまりをご自分で修理する場合は、下記の様な道具があります。

 トイレつまりを自分で解消するためのテクニックは、下記の様に色々方法がありますが、どうやってもトイレのつまりが解消できない場合もございます。毎日使用するトイレですので、時間や手間、そして緊急度を考えた場合、料金は8,400円からですので、「プロの水道屋」の「生活トラブルSOS」にご連絡下さい。

(1)ラバーカップ
 ラバーカップは、最も安価で簡単な方法です。殆どの場合はこれ一本で解決できます。別名通水カップとも呼ばれていますが、先端の突起が有り無しの2種類のタイプがあります。洋式トイレの方は先端に突起のあるタイプをお勧めします。先端に突起のあるタイプは排水口を密閉する為、空気の漏れが少なく、通常のものに比べて吸引力が大きくなります。先端部分を押し込むことで、洗面所や台所の排水口に使用できるタイプもあります。

(2)真空ポンプ
 プロが使用する高価な真空ポンプもありますが、吸盤を押し当てて取っ手を引っ張って使用するタイプがお値段的にも一般的です。使い方はラバーカップを使う場合とほとんど同じです。

(3)ワイヤーブラシ
 台所や排水管が詰まった時等に用いられるワイヤーの先端にブラシやトグロ状の鋼線が付いた道具です。大別すると、手元にストッパーが付いていて手でスルスルと送り出すタイプと、ハンドル式でクルクル回して抜き差しするタイプがあります。

(4)薬品
 トイレ・排水管のつまりを解消する為の薬品は色々ありますが、薬品でトイレ・排水管のつまりの解消、悪臭の防止や詰まって流れの悪くなった排水がよく通るようになります。

 薬品の中には、微生物(バクテリア)の働きで、つまりの元を分解するタイプもあります。臭いの元も絶ちますから、悪臭が上がってくるのも防ぎます。定期的に使用すれば、水に溶かして使用するのでとても経済的です。

(5)高圧洗浄器
 トイレのつまり解消の用途であれば1万円代の物もあります。別途、パイプクリーニング用のホースが必要ですが、用途をトイレのみに限定せず、車や窓、外壁の洗浄を考えるならば買って損はありません。高圧洗浄ですので、長年使ったトイレを高圧洗浄すると、物凄いサビや水あかなどが出てくると思います。

クレジットカード払い歓迎します。
日本全国24時間365日の出張サービスを展開中、近い早い安い安心とご好評を頂いております。

 弊社を初めてのご利用する方や、女性の方などは「どんな作業員が来るのか?」不安な方が多いのではないかと考えております。弊社では万全を期して選ばれた技術者のみを派遣していますが、更なるお客様のご要望にお答えする為に「携帯番号」を作業員に知らせる事なく対応できるコールセンターシステムを導入しております。ご希望の方はお気軽に電話オペレーターにお申し付け下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付
Tel: 050-2018-0423

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
 全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
 施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
 施行後の不具合は無償で保証修理いたします。


▲HOME   ▲ページトップに戻る