トイレにうっかり物を落として取り出せない場合の対処について

トピックス一覧へ

 最近は、ほとんどのご家庭やお店のトイレは、水洗式のトイレになっておりますが、トイレを使用した際にうっかりと時計や手帳、携帯電話、ペン・・・などを落としたり、ズボンや上着のポケットに入っていたお金、レシート、ハンカチなどを落として、トイレを流してしまう場合があります。

 トイレットペーパーは水に溶けますので、一度に多くの流し過ぎに注意すれば、トイレがつまることはありませんが、固形物や水に溶けない紙類を流してしまうと、トイレつまりの原因となります。すぐにトイレがつまらない事もありますが、やがてはトイレつまりや排水不良を招いてしまいますので、取り出す必要があります。

便器の中から自分で物を取り出す場合

トイレつまりの原因は様々ですが、修理は水道屋のプロがやる方が早いし安い!

 誤って物を落としてしまった場合は、まずは止水栓を閉めて水の流れをストップさせます。そして便器の中を覗いて、流してしまった物の一部が見えるかどうか確認し、手で取り出せそうな場合は、便器の中に手を入れて取り出すことが可能な場合もあります。

 ただし、大体は便器の奥の方に行ってしまっている場合が多いと思いますので、ラバーカップで何度か押したり引いたりして出てくる場合もあります。


取り出せない場合は、水道業者にお任せください!

トイレつまりの原因は様々ですが、修理は水道屋のプロがやる方が早いし安い!

 どうしても誤って流してしまった物を取り出せない場合は、便器を取り外して作業を行う必要がありますが、便器の構造を理解した人が作業を行わないと、水漏れトラブルなどを発生させたり、配管や床、便器を損傷させ、事態を余計悪化させて被害を大きくしてしまう可能性が高いですので、専門の水道業者さんに依頼するのが懸命です。


 トイレに物を落としてしまって取り出せない、トイレが詰まってしまいお困りの際は、お気軽に生活トラブルSOSにお電話ください。
 受付センターは、24時間電話受付対応しております。

 弊社を初めてのご利用する方や、女性の方などは「どんな作業員が来るのか?」不安な方が多いのではないかと考えております。弊社では万全を期して選ばれた技術者のみを派遣していますが、更なるお客様のご要望にお答えする為に「携帯番号」を作業員に知らせる事なく対応できるコールセンターシステムを導入しております。ご希望の方はお気軽に電話オペレーターにお申し付け下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付
Tel: 050-2018-0423

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
 全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
 施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
 施行後の不具合は無償で保証修理いたします。


▲HOME   ▲ページトップに戻る