蛇口の水が少量ですがポタポタと止まらない原因と修理

トピックス一覧へ

蛇口の水が少量ですがポタポタと止まらない原因と修理

昔の蛇口のタイプで、ひねって水やお湯を出すタイプの蛇口の水が少量ずつポタポタと止まらないのは、コマパッキンの劣化が原因です。最近の混合栓の場合は、カートリッジ交換で修理する方法が殆どです。

カートリッジ交換の場合、価格的には蛇口本体交換と比べて若干安い程度ですので、最近の混合栓タイプで、水が少量ポタポタと止まらない場合の修理は、それを機会に蛇口本体を交換するのも良いかもしれません。

また、ご自分でパッキンやカートリッジを購入されて、「ネジが回らない。」「特殊工具が必要で部品が取り外せない。」などで、お困りの際は、取り付けのみも承りますので、お気軽にご連絡ください。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付
Tel: 050-2018-0423

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。


▲HOME   ▲ページトップに戻る