浴室の排水口・排水管のつまり

トピックス一覧へ

一番の原因は髪の毛です。

お風呂の排水口は、毎日ゴミを取って掃除してもお風呂に入って体や髪の毛を洗えば、必ずゴミは毎日溜まります。排水口で塞き止めることのできなかったゴミは排水管に流れ込み、お風呂の排水管を詰まらせる原因となってしまいます。

お風呂の排水口や排水管のつまりの最も大きな原因は髪の毛です。短い髪の毛であれば、そのまま排水管の中を流れて行きますが、長い髪の毛は途中で引っかかったり絡んだりして、排水管の中でに溜まってしまいます。

浴室の鏡などに付着した、固い石鹸カスを見ると、これがつまりの原因となるような気がしますが、排水管にはそれほど多くの石鹸カスはつまりません。シャンプーで髪の毛を洗った時に抜けた髪の毛が、身体から出た老廃物や石鹸カスの流れを塞き止めて排水管に溜まってしまうと、排水の流れが悪くなってしまうのです。

人間は、健康な人であっても毎日100本程度、髪の毛が抜け落ちて生え変わって行きます。もちろんこの髪の毛は、洗髪時以外でもブラッシングや就寝時などにも抜けているのですが、やはり最も多く抜け落ちる場所は浴室です。この髪の毛が原因の排水管のつまりを予防するには、排水口から下に髪の毛が流れて行かない様に排水口に目の細かい物で蓋をしてしまえばいい訳です。

ホームセンターなどに紙性のシートやネットなどが販売されていますが、身近な物で破れたストッキングなどを被せるのも良いでしょう。排水管に髪の毛などのゴミが流れ込まない様に予防しておけば、排水管が詰まることはほとんどありません。

しかし、実際に排水管が詰まってしまった場合には、髪の毛を溶かす薬剤を使用しなければいけませんが、髪の毛を溶かす効果のある薬剤は、素手で触れると皮膚も溶かしてしまう危険な薬品です。排水管のパイプも、濃度の濃い薬剤を使用すると痛んでしまう事がありますので、やはり日頃から予防するか、完全に詰まってしまう前に排水の流れが少し調子が悪くなった時点で対処するのが良いでしょう。

市販の薬剤では排水管のつまりの原因となった髪の毛を中心としたゴミは完全に溶かして除去する事は難しいですので、すぐに排水つまりが発生してしまう事もあります。

当点では特殊薬剤やワイヤー工法、そして高圧洗浄などで排水管の中に詰まったゴミを根こそぎ洗い流して、排水管のつまりを解決します。排水管のつまりでお困りの際は、050-2018-0423 にお電話ください。電話オペレーターが懇切丁寧にご案内いたします。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付
Tel: 050-2018-0423

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。


▲HOME   ▲ページトップに戻る