Home排水管高圧洗浄 >機械的洗浄方法と科学的洗浄方法

《トピックス一覧へ》

排水管の清掃方法(機械的洗浄方法と科学的洗浄方法)

 排水管内に付着・堆積した閉塞物を取り除く洗浄方法としては、大別すると物理的に管内に付着した汚れを剥離・粉砕する機械的洗浄方法と、薬品を使って化学的に汚れを溶解して取り除く科学的洗浄方法があります。

機械的洗浄方法

シンク排水口の臭い解消法

(1)高圧洗浄法

 高圧洗浄機や高圧洗浄車からホースで導水して、ホースの先端に取り付けたノズルから噴射する強力な水圧で、管内に付着した汚れや堆積物を粉砕剥離して洗浄する方法です。ホース先端のノズルの噴射孔の角度の違いで、前方噴射・後方噴射・横噴射タイプがあり、それらを組み合わせて使用する場合もあります。

 後方噴射タイプは、洗浄とともに自走機能があります。高圧洗浄は洗浄効果が抜群ですが、高圧洗浄機の機能を知り、操作方法に慣れていないと、ノズルの外れ・ホースの外れや、ホースの老朽化による高圧水の噴射事故やトラブルが発生する場合があります。

(2)スネークワイヤー法

 スネークワイヤー法による排水管清掃は、ブラシ型・スクリュー型などのヘッドが先端に取り付けられたワイヤーを排水管の中に回転させながら挿入します。そして、ワイヤーの押し引きを繰り返して、管内に付着している堆積物を削り落として除去します。

 スネークワイヤー法は、別名トーラー法とも呼ばれています。ワイヤーは排水管の曲がった箇所にも対応できる様に、フレキシブルな螺旋構造となっています。この様な形態からスネークワイヤー法と呼ばれています。洗浄効果は高圧洗浄と比べると劣ります。

(3)ロッド法

 ロッド法による排水管内の清掃は、排水管の中に手作業で1.0〜1.8メートル程度のロッド(長い棒)を繋ぎ合わせて挿入しながら清掃します。ロッド法は主に敷地排水管や雨水敷地排水管の清掃に使用され、排水桝から挿入して排水管の中を清掃します。ロッド法は棒を繋ぎ合わせて使用しますが、最大の長さは30メートル程度です。

(4)ウォーターラム法

 汚れが溜まった排水管の中に水を送り込んで、空気ポンプで圧搾空気を排水管内に一気に放出した時の衝撃波により、汚れや堆積物を粉砕剥離して洗浄除去します。


 排水管の清掃方法を4種類ご案内しましたが、高圧洗浄機による方法が一番効果的な方法です。高圧洗浄法以外のスネークワイヤー法・ロッド法・ウォーターラム法などの清掃方法も、スポット的な清掃方法としては有効です。


科学的洗浄方法

 化学的洗浄方法は、何らかの要因で機械的洗浄方法で清掃できない場合の非常手段として用いられることが多いです。

 化学的洗浄で使用する薬品には、酸性洗浄剤とアルカリ性洗浄剤があります。酸性洗浄剤は、硫酸・塩酸・スルファミン酸などで、小便器の器具排水管や排水横枝管の尿石の除去に使用されます。アルカリ性洗浄剤は、苛性ソーダや苛性カリなどを主剤としており、台所・浴室床・洗面所排水等の排水横枝管の洗浄に使用されます。排水管内にフレーク状の洗浄剤を投入した後に温水を流入すると、発熱して高温の苛性液となり、排水管内に溜まった有機性の堆積物や付着物等を溶解して洗浄します。

 科学的洗浄方法に用いる薬剤の取扱いには注意が必要です。金属製の排水管であれば、使用後に腐食が生じる恐れがあり、使用する量によっては下水道の終末処理場や浄化槽の機能をそこなう恐れがある。



洗濯機の排水つまりででお困り事はお気軽にお電話ください。日本全国24時間365日緊急サービスのご案内
ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.