Home>排水管高圧洗浄 > グリストラップの清掃

《トピックス一覧へ》

厨房のグリストラップや排水溝からの悪臭や排水詰まり

 グリストラップ(阻集器)は、厨房などから出る排水に含まれている油脂や残飯が下水に流れるを軽減する為に、油脂や残飯を一時的に留める役割をしています。グリストラップや排水管に頑固にこびり付いた油汚れの清掃は、高圧洗浄が最適な方法です。

グリストラップ(阻集器)の清掃は高圧洗浄が最適

グリストラップ(阻集器)

 グリストラップ(阻集器)は、厨房などから出る排水の中に含まれている油脂や残飯が、公共下水管に流れてしまうのを軽減するために、油脂や残飯を一時的に留めておく役割をしています。グリストラップは、食品加工場など料理を提供するための厨房を持つ「ホテル、レストラン、居酒屋、ラーメン店、そば屋、焼肉屋、焼き鳥屋、喫茶店、日帰り温浴施設、ゴルフ場のクラブハウス、病院、社員食堂、老人ホーム、給食センター」など、飲食業に関わる業種には設置が義務付けられています。

 飲食業に設置されるグリストラップに溜まった油脂や残飯は、産業廃棄物として扱われますので、食品加工場など料理を提供する厨房を持つ事業主の責任に於いて適切な処理をすることが義務付けられています。

 グリストラップには、厨房から出る排水に含まれる油脂や残飯が溜まりますので、掃除しないで放置しておくと「悪臭・異臭の発生/ゴキブリやハエなどの害虫発生/排水管の詰まり/食中毒の危険性」などの問題が発生します。

 定期的にグリストラップをきれいに掃除していれば、ハエやゴキブリなどの害虫も湧かず、悪臭も防げて清潔さを保てます。しかし、実際には日頃の業務が忙しいためか、悪臭や排水詰まりの症状が出てからグリストラップの清掃に気付く事業主さんが多いのが実情です。この様な状態になってからでは汚れもひどくなっており、通常の掃除の方法ではなかなかきれいにならず、掃除をしても悪臭が消えないなどの事例もあります。

 グリストラップや排水管に頑固にこびり付いた油汚れの清掃は、高圧洗浄機による配管洗浄が最適な方法です。厨房のグリストラップや排水溝からの悪臭や排水詰まりお困りの際や、定期的な高圧洗浄をご検討の際は、お気軽にご相談ください。


※グリストラップ(阻集器)
昭和51年1月1日施行された建設省告示第1597号(改訂:建設省告示第1674号)で、汚水が油脂など排水のための配管設備の機能を著しく妨げる恐れのある物を含む場合、グリストラップ(阻集器)を設置して、事業主の責任において適切な処理をすることが義務付けられています。


洗濯機の排水つまりででお困り事はお気軽にお電話ください。日本全国24時間365日緊急サービスのご案内
ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.