Home> 排水管高圧洗浄 > 訪問点検業者に注意

《トピックス一覧へ》

給水・排水設備、浄水器などの訪問点検業者に注意!

訪問点検業者に注意

 給水・排水設備、浄水器などの訪問点検業者には十分ご注意下さい。これらの訪問点検は「点検商法・実験商法・語り商法」などと呼ばれていますが、健康志向の高いご家庭やお年寄りのご家庭に対して設備や水道水の汚れなどの不安をあおり、特に清掃や修理作業が必要ない場合でも、僅かな作業を行っただけで高額な費用の請求や、あまり必要がない程の高額な浄水器設置などの契約を迫ったりしてきます。

 この様な訪問点検業者に対しては、事前に業者名や最終的な費用を確認し、その内容に対して納得した上で施工依頼することが大切です。悪質な訪問点検業者は、言葉巧みに施工や契約を迫ってきますので、その言葉に惑わされない様、必要ないと思う場合は、はっきりとその場で断ることが必要です。


 生活トラブルSOSの水道屋サービスは、訪問点検は一切行なっておりません。全てお客様からのご依頼を頂いてから出動しており、施工時はお客様に設備の状況や作業内容をご説明後に施工作業を行っております。そして、状況によって料金の変動がありそうな場合は、事前に料金幅をご案内します。また、施工終了後は、本部にて作業内容と料金が適正かチェックしておりますので安心です。

油脂類・異物/固形物・髪の毛・草木の根の侵入・尿石・凍結・不適当な勾配

点検商法の例

 蛇口から出る水道水の状態を点検して「給水管が汚れていますので、給水管の洗浄が必要です。」などと水道水点検後に説明して、僅かな作業を行って高額な請求をしてきます。また、給水管の無料点検と言いながら、床下などに入って点検作業を行い「修理した方が良い個所がある」と説明し、必要ない修理作業を行なったり、高額な商品やサービスの契約を迫ります。

 給水管の中は毎日水が流れていますので、通常は洗浄する必要はありません。この様な点検商法業者が訪問してきた場合は、はっきりと点検作業前に断ることが大切です。

実験商法の例

 水道水点検時に試薬を入れて、目の前で水道水が変色するのを見せて不安をあおります。そして浄水器の必要性を説明後に高額な浄水器設置の契約を迫ります。

 これらは実験商法と呼ばれていますが、水道水の色が変色するのは水道水に必ず含まれている消毒用の塩素剤に反応しているだけです。変色するのは当然ですので騙されない様にして下さい。

語り商法の例

 「市から依頼を受けて給水・排水設備の点検に来た」「水道局の方から来た」と説明して安心させて各家庭を訪問し、宅地内の給水・排水設備の点検後に清掃の必要性を迫ります。

 訪問する時に公的機関との関連性を装って点検後に修繕作業を行なう商法です。制服を着たり、認定証の様なものを見せて信用させる手口もありますので、注意する必要があります。


洗濯機の排水つまりででお困り事はお気軽にお電話ください。日本全国24時間365日緊急サービスのご案内
ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.